【中編】自閉症の遺伝子診断は幻想 フランス分子生物学者が講演

2014年0804 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジョルダン博士、山﨑会長、日詰専門官(左から)

 フランス国立科学研究センター名誉研究部長であるベルトラン・ジョルダン博士の来日を記念して、在日フランス大使館が主催した講演会「自閉症と遺伝」。ジョルダン博士の講演に続き、山﨑晃資・日本自閉症協会長と、日詰正文・厚生労働省専門官が加わり討論会が行われました。

 

(以下の記事は、在日フランス大使館が5月30日に日仏会館で開催した講演会「自閉症と遺伝」を一部書き起こしたものです)

 

➡ 前編はこちら

 

 

自閉症遺伝子 - 見つからない遺伝子をめぐって
ベルトラン・ジョルダン
中央公論新社
売り上げランキング: 73,693

 

写真1

 

 

司会:これより討論会に移ります。ジョルダン博士に加えまして、児童精神科医でもある山﨑晃資・日本自閉症協会長と、厚生労働省で自閉症の当事者の支援や啓発活動などを担当している日詰正文専門官です。どうぞよろしくお願い致します。

 

 まずは先ほどのジョルダン博士のご講演からお考えになられたことについて、お伺いします。

 

【山﨑晃資・日本自閉症協会会長】 医学博士。北海道大学医学部卒業。同大学医学部付属病院精神神経科外来医長、目白大学大学院生涯福祉研究科教授などを経て、現在臨床児童精神医学研究所所長、世田谷区発達障害相談・療育センタ―診療所長なども務める。

【山﨑晃資・日本自閉症協会会長】
医学博士。北海道大学医学部卒業。同大学医学部付属病院精神神経科外来医長、目白大学大学院生涯福祉研究科教授などを経て、現在、臨床児童精神医学研究所所長、世田谷区発達障害相談・療育センタ―診療所長なども務める。

 

山﨑会長:本日は、ジョルダン博士から特に遺伝子に関する研究について、中立的な立場で非常に分かりやすくお話ししていただきました。自閉症の遺伝子に関係する論文は、日本でも非常に多く発表されていますが、さまざまな人々がいろいろなことを言うので、訳が分からない状況です。

 

 本日のジョルダン博士のお話を聞いて、ふと思い出したことがあります。

 

 一つは、1986年にパリで開かれた第11回の国際児童青年精神医学会において自閉症に関するシンポジウムに参加した時のことです。

 

 アメリカからは、ドナルド・コーエン氏やジェラルド・ヤング氏など、当時大活躍していた自閉症の研究者が参加していました。彼らは、ものすごい勢いで自閉症の生物学的研究や行動療法について論じていました。

 

 これに対して、フランスの児童精神科医のフリップ・ジャメー氏という非常に有名な精神分析家は、それまでと同様に精神分析的な立場から自閉症研究を論じていました。

 

 フランスの研究者が精神分析的な話をしている間、ストレートに行動するアメリカの研究者たちは、まったく興味がないように私には見えました。

 

 それからしばらく経った2008年、当時のフランス首相夫人が来日しました。フランス大使館を通じて、ペネロプ・フィヨン夫人が日本の自閉症の子どもたちの療育システムについて話を聞きたいという連絡があり、お会いしたのです。

 

 フィヨン夫人は、自閉症について非常にお詳しい方でした。その時の会話で非常に印象に残ったのは、行動療法が一般的でなかったフランスでは、毎年約2万人の自閉症の子どもたちがベルギーに行って行動療法を受けているという話でした。

 

 私は唖然としました。当時、日本ではすでに心因論的な考え方を支持する人はほとんどいなく、生物学的な研究が非常に活発になっていたからです。認知行動療法なども導入された時期だったからです。

 

 その後、2010年代になると、日本自閉症協会の全国大会では、最新の医療事情に関する「医療の最前線」という分科会が組織されました。その分科会では、問題のある治療法に関する検討も行われました。

 

 そういうことを思い出しながら、ジョルダン博士のお話を拝聴していました。

 

 私の意見は、自閉症の発症は先天的な要因が大きいということです。ただ、症状が明らかになるには、だいたい長くて3年くらいの年月がかかります。

 

 その間に、いろいろな要因が付け加わって、症状が形成されていきます。その過程で、どの時期にどのような療育のプログラムにのせていくかが重要となります。アスペルガー症候群のように、ある年齢以上にならないとなかなか症状を発見しにくい場合もありますが。

 

 おそらく、遺伝的・環境的な要因、両親の健康状態、喫煙の問題など、いろいろな要因がありますが、現時点ではこれだという決め手はまだありません。

 

 しかし、どう考えても、さまざまな要因が複雑に絡み合って、ある年月をかけて診断がつくような状態になるとしか考えようがないのです。今後この症状を形成する過程をどう検討するかが大きな課題です。

 スライド7-a

 

 

 スライドの右側にいろいろ療育プログラムが書かれています。どの療育指導プログラムも、一つのプログラムで療育指導が完結することはありません。関係者は、協力し合って共同作業していかなければならないのです。

 

 自閉症の人々のライフサイクルについて、現在日本で最も問題になっているのが、当事者または両親の老齢化です。

 

 本人も段々と歳をとり、身体的な疾病を合併するようになります。また、両親は、日々かなりのストレスを抱えて生活しているためか、重篤な疾患にかかってお亡くなりになる方が目立つようになってきました。

 

 老後をどうするのか。また、親亡き後をどうするのかという問題は、非常に喫緊の課題ではないかと思っています。

 

 以上のようなことを、ジョルダン博士のお話を拝聴しながら考えていました。

 

【日詰正文・厚生労働省障害保健福祉部障害福祉課障害児・発達障害者支援室発達障害対策専門官】 言語聴覚士。金沢大学教育学部特殊教育特別専攻科卒業。長野県精神保健福祉センター、長野県健康福祉部を経て現職。

【日詰正文・厚生労働省障害保健福祉部障害福祉課障害児・発達障害者支援室発達障害対策専門官】
言語聴覚士。金沢大学教育学部特殊教育特別専攻科卒業。長野県精神保健福祉センター、長野県健康福祉部を経て現職。

 

日詰専門官:厚生労働省で発達障害の担当の専門官をしている日詰です。

 

 まず日本の状況をご紹介します。自閉症は、「発達障害者支援法」という法律に含まれている障害です。医療だけでなく、福祉教育についてもサービスが定められています。日本の研究でも、自閉症になる割合は1~2%という結果が出ています。

 

 厚労省の責任としては、問題のある治療法が皆さんに届かないようにし、確かな治療法をきちんと届けるという仕組みをしっかりと作ることだと思います。ジョルダン博士もおっしゃっていたように、確かな研究者を見つけて応援し、研究を続けていかなければなりません。現在、すでに明らかなことについては、国の施策の中に入れ、全国の都道府県で進めています。

 

 私は20年間くらい現場で言語聴覚士として仕事をしてきました。長野県の信州大学で遺伝子専門の研究者にお話を伺いに行ったときのことです。その研究者は、業務上たくさんの方に「自閉症の兄弟姉妹がいる自分が結婚したら、自閉症の子どもが生まれるのでしょうか?」という悩みを聞かされる機会が多いと語っていました。

 

 その研究者は、「自閉症は遺伝するということと、単に遺伝子に問題があるということを、切り分けるように伝えている」と述べていました。相談現場でも、本日の話題に関する正しい情報発信は非常に重要になっています。

 

 

 

➡次ページ 信頼性の低い遺伝子検査キット

 

 

自閉症遺伝子 - 見つからない遺伝子をめぐって
ベルトラン・ジョルダン
中央公論新社
売り上げランキング: 73,693

 

 

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
1 2