2025年までに介護福祉士5割へ 厚労省が達成期限示す

2014年0908 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
140908_厚労省

 厚生労働省は2日、介護人材に占める介護福祉士の割合を2025年までに5割に引き上げる考えを同日の「福祉人材確保対策検討会」に示した。複数の委員がこれに賛同した。現在は4割弱で、これまでも5割を目標としていたが、達成期限が不明確だった。

 

 また、厚労省は介護人材全体を専門性の高低でA~Cの3層に分け、介護福祉士は最上位のAランクと位置付けた。介護福祉士のさらに上に、現在関係団体が検討中の「認定介護福祉士」を置く構想という。

 

 介護福祉士にどの程度高い専門性を求めるかについて委員の意見は分かれ、介護福祉士養成施設のカリキュラム拡充を求める意見もあれば、「介護福祉士をBランクとし、介護人材全体の5割よりも比率を上げるべき」とする意見もあった。

 

 また、「介護福祉士になるまでの過程が人によって異なるので一くくりにできない」とし、介護福祉士を二つに分けるよう求める意見もあった。

 

 次回会合は10月3日に開き、介護人材以外を議論する。

 

早引き 介護記録の書き方&文例ハンドブック
ナツメ社
売り上げランキング: 4,702

 

マンガでわかる 介護リーダーのしごと
三好貴之
中央法規出版
売り上げランキング: 17,345

 

完全図解 新しい認知症ケア 介護編 (介護ライブラリー)
三好 春樹
講談社
売り上げランキング: 4,405
    • このエントリーをはてなブックマークに追加