介護福祉士 年収261万円
試験センター調査

2013年0715 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

 福祉・介護・医療分野で働く介護福祉士の2011年の平均年収が261万円であることが、1日、社会福祉振興・試験センターの調査で分かった。社会福祉士の377万円、精神保健福祉士の340万円を下回った。

 
 調査は同センターに登録されたすべての社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士を対象に12年11月に実施した。回収率は社会福祉士が25%、介護福祉士が17%、精神保健福祉士が27%だった。回答者の平均年齢は社会福祉士が40歳、介護福祉士が45歳、精神保健福祉士が42歳。介護福祉士は女性が8割を占めた。

 

 調査は「就労状況調査」と呼ばれ、同センターのホームページに調査票と結果が掲載されている。前回調査は08年度に行われた。今後は3年ごとに実施される。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加