児童養護福祉士の資格を創設 3月から学会が独自に

2015年0211 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本児童養護実践学会 理事長 髙橋利一氏
日本児童養護実践学会 理事長 髙橋利一氏

 日本児童養護実践学会(理事長=髙橋利一・社会福祉法人至誠学舎立川理事長)は独自の児童養護福祉士資格制度を創設、3月に初の認定講座を開催する。

 

 同学会は、「児童養護の領域において優れた養育とソーシャルワークの技術と知識を用いて、水準の高い実践のできる人材の育成を行う」ことを目標としている。

 

 認定資格は、専門性の高さに応じて初級、中級、上級の3ランクあるが、初年度の認定講座は初級のみ。対象は、2015年度採用に向けた大学生、就職希望者、児童指導員任用資格、保育資格取得予定者などで、定員は40人程度。

 

 講座の科目は、児童養護の関連法を学ぶ基礎、人権、尊厳など児童の理解、児童の援助、演習・実習の4科目。3月1日から4日まで、東京都渋谷区の国立オリンピック記念青少年総合センターで開かれる。

 

 参加費は宿泊費・食事代込みで1万5000円。申し込みは、同学会(☎03・5211・2858)まで。

 

相談援助職の記録の書き方―短時間で適切な内容を表現するテクニック
八木 亜紀子
中央法規出版
売り上げランキング: 8,576

 

明日の子供たち
明日の子供たち
posted with amazlet at 15.02.12
有川 浩
幻冬舎
売り上げランキング: 4,492

 

消えたい: 虐待された人の生き方から知る心の幸せ (単行本)
高橋 和巳
筑摩書房
売り上げランキング: 12,115
    • このエントリーをはてなブックマークに追加