社会福祉法人風土記<14>青垣園 中 自立を目標に歩む利用者たち

2016年0825 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
来年の干支、酉の土鈴に色づけ作業

 奈良県大和高田市にある社会福祉法人「青垣園」(松岡文男理事長)の障害者支援施設作業棟。土や野菜を扱う陶芸や農耕、箱の組み立てなど軽作業に分かれ、入所者・通所者入り交じって週5日、汗を流す。救護施設利用者の姿も。日々の暮らし、社会生活の自立を目標に歩む就労継続支援B型事業である。

 

酉の土鈴2500個以上

 

 「失敗作を入れれば、毎年2500個以上焼くんです。利用者と相談して決めた3種類のデザインを持って夏の間、神社やお寺さんをご用聞きに回ります」

 

 今年5月、陶芸作業室で女性指導員はそう語った。7人の陶芸班が手掛けているのは来年の干支の酉。信楽(滋賀県)から取り寄せた粘土を指で型枠に押し込む人、電気炉で焼き上がった作品に赤や黄の塗料で色付けする人… マイペースでこなしていく。土鈴づくりは来年で4巡目を迎える。

 

 園の片隅に築いた登り窯で焼いた土鈴を初めて送り出したのは1981(昭和56)年。酉年であった。翌年、電気炉を増設。利用者の生きがいや楽しみ、そして小遣い(工賃)に、との狙いだ。が、精神を集中する成型や彩色工程は知的障害者らには難しく、当初、「とても販売できるレベルではありませんでした」(『青垣園50年のあゆみ』2012年)と指導する地元の赤膚焼窯元はため息をついた。

 

 しかし、人は進む。管理の大変な登り窯は3度使っただけで断念したが、型の凸凹を和らげて造りやすくしつつ、おぼつかなかった指先は次第に動きを高め、彩色もこなすようになった。

 

 努力は実を結ぶ。奈良県が初の単独開催地となった「わかくさ国体・全国身体障害者スポーツ大会」(1984年)の記念品づくりを受注。園からさして遠くない明日香村の高松塚古墳から1972年に見つかった壁画・飛鳥美人を模し、「平城の大宮人」の土鈴6000個を納めた。量産に自信をつけた。

 

 奈良市を会場にした「なら・シルクロード博覧会」(1988年)でも陶芸品は人気を呼んだ。「すごい売れ行きのため、一時は瀬戸物屋になろうと思った」。こんな冗談を当時の職員は広報誌『青垣だより』に記している。うれしかったのだろう。

 

地域暮らしを目標に

 

 土に親しむもう一つは農業。「使ってよ」と元青垣園長が近郊の田んぼ20㌃を提供してくれたのがきっかけという。2007(平成19)年から野菜づくりに着手、その後、園独自で農地を購入するなど、現在は70㌃へ拡大した。ビニールハウス2棟もある。

 

 水稲、サトイモのほか、オオバ、シソ、モロヘイヤ、キャベツ、ハクサイ、カボチャ、ホウレンソウ、キュウリ、ナス、そして今年からビニールハウスにミニトマトを作付けした。B型事業で8人、生活訓練の6人の利用者を5人のスタッフで支え、七つの産直店や園の給食用に卸している。

 

 1個400円前後の土鈴に比べ野菜の付加価値は低い。しかし、店先に並べれば確実に売れる。そんなに安くされては…という声で安値販売はやめた。売り上げは年220万円ほど。工賃に換算すると1人月1万8000円ほどだ。もし、4~5万円まで引き上げることができたら…。「障害者年金と足して10万円に届けば、この地域では自活できる」とB型事業担当の木村義則・副施設長(61)は言う。

 

 夢の実現に向かい協働作業が続く。

 

青垣園のビニールハウスで野菜を収穫する農業班

青垣園のビニールハウスで野菜を収穫する農業班

 

社会とのつながりを

 

木村義則・副施設長の話

 

 芝生や地面の上に座るだけで情緒の安定する人はいるが、陶芸や野菜づくりの目的は社会とのつながりを保つこと。卸し先やお寺さんなどで人と話し、例えば野菜の袋に値段のバーコードをつける。この操作は割と厄介なのだが、丁寧に教えればできるようになって喜び、活動の幅は広がっていく。利用者に合わせて支援していく−これが私たちの原点だ。

 

 私の家は地元の農家で、25歳のとき、ここへ勤めた。小学生のころ、朝から釣りざおを手に外出する救護施設のおじさんと川などで一緒に釣りをしたもの。その時分、施設を囲う塀も玄関もなかった。

 

木村義則・副施設長

木村義則・副施設長

 

関連記事

<14>青垣園 上 必ず光るものはあるーの信念

<14>青垣園 下 3年計画の職員研修で意識改革へ

 

 

福祉関連書籍

 

医療福祉総合ガイドブック 2016年度版
NPO法人 日本医療ソーシャルワーク研究会
医学書院
売り上げランキング: 4,172

 

新しい社会福祉法人制度の運営実務 平成28年改正社会福祉法対応版
田中 正明
TKC出版 (2016-06-01)
売り上げランキング: 11,399

 

ソーシャルワーカーという仕事 (ちくまプリマー新書)
宮本 節子
筑摩書房
売り上げランキング: 11,773
    • このエントリーをはてなブックマークに追加