〈第10回〉遊具から転落し頭部を打撲 受診するかの判断は?

2015年0904 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
保育ほけん室

 

頭部打撲

 

 

 3歳児が園庭で、高さ1㍍ほどの遊具から転落しました。腕から落ち、遊具に頭をぶつけました。他の部位も打ったかもしれません。こういった場合、全身をどのように確認し、どんな症状がある時は受診した方がいいか、受診しなくても自宅に帰ってから注意しておくことなどを知りたいです。

 

 

A

 

 

 子どもは、全身に比べて頭が大きいため重心が高く、歩行もまだ安定しないので転倒しやすく、頭を打つことが多いです。

 

 頭を打った後、呼び掛けても返事がない、刺激に対して反応がない、けいれんがみられる場合は救急車を呼びましょう。このような状況では呼吸状態も注意して観察します。頭部からの出血があれば、傷口が閉じるようにガーゼなどで圧迫して止血します。

 

 けがの見落としを防ぐために衣服を脱がせて、胸、おなか、背中、手足の腫れや動き、痛みなど、頭以外の部位も確認しましょう。保育園で管理している日誌には、時間の経過を追って頭を打った時の状況と当時の意識状態、嘔吐、けいれん、出血の他、すぐにはみられなかった症状を含めて詳しく記録しておきます。

 

 頭を打った時に泣いてもすぐに泣きやみ、機嫌や食欲なども普段と変わらない場合は、医療機関を受診せずに経過を見守りましょう。機嫌が悪く、ぼーっとしているなど気になる様子がみられる時は、保護者に連絡をして受診する方が良いと思います。

 

 目立った症状が無くても、お迎えの際には必ず保護者に、頭を打ったこととその時の状況を伝えます。そして24時間ほどは、機嫌が悪い、嘔吐する、食欲がない、ぐったりする、ぼーっとするなど普段と異なる点がないか観察して、変化があれば医療機関を受診するよう保護者に説明することが大切です。

 

 医療機関でも、検査等で異常がなければ帰宅して経過を観察してもらい、24~48時間の間に変化があれば再び受診するように話すことが多いです。万が一に備え、注意して様子を見守りましょう。

 

【田中哲郎・医学博士】

◆読者からの質問を募集します。メールでお寄せ下さい。

 

 

 

関連書籍

 

やるべきことがすぐわかる今日から役立つ保育園の保健のしごと
赤ちゃんとママ社
売り上げランキング: 56,139

 

    • このエントリーをはてなブックマークに追加