新元号「令和」 手話は花開く動作に決定

2019年0409 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
会見する安倍首相

 政府は1日、新しい元号を「令和」と発表した。万葉集からの引用で、「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」という意味が込められている。5月1日に皇太子殿下が即位され、以降、新元号が用いられることになる。

 

 社会福祉法人全国手話研修センター(京都市)は2日、新元号の標準手話を発表した。指先を上に向け、5本の指をすぼめた片手を胸の脇に出し、前に動かしながら指先を緩やかに開く動作とした。

 

 花のつぼみが緩やかに開き、やがて花びらが環わとなった指先からふくよかな香りを放ち、和みゆく様子を表現したといい、「日本や世界で広く使われたら」と期待を寄せる。

 

 新元号と同名ではないが、同じ読み方をする、社会福祉法人禮和保育園(千葉県我孫子市)や、社会福祉法人礼和会(山口県下関市)があった。

 

 禮和保育園の花嶋かをる園長は、新元号の発表がちょうど園の設立10周年と重なったこともあり「職員一同すごいね、やったねと喜んだ」という。こちらの「禮和」は論語を由来にしているが「心ひとつに、協力して良い方向に進むという意味では同じ。新元号とともに園も歩んでいきたい」と話した。
    

 

 

 

明日の障害福祉のために―優生思想を乗り越えて―
浅野史郎
ぶどう社 (2018-10-10)
売り上げランキング: 334,450

 

いっしょが、たのしい (ある障害者福祉施設の日々の写真記録)
里見喜久夫(季刊『コトノネ』編集長)
はたらくよろこびデザイン室 (2018-11-10)
売り上げランキング: 618,723

 

障害のある人とそのきょうだいの物語
近藤 直子 田倉 さやか 日本福祉大学きょうだいの会
クリエイツかもがわ (2015-08-18)
売り上げランキング: 260,705
    • このエントリーをはてなブックマークに追加