視覚障害者への対面朗読 コロナ契機に遠隔化進む

2020年0917 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
耳を澄まして聞き取る利用者

 視覚障害者にボランティアが書籍を読み上げる「対面朗読」に新しい動きが見えてきた。新型コロナウイルスの感染を防ぐため、オンラインでの「遠隔対面」を始める図書館が現れた。コロナ以前、必ずしも利用者の多いサービスではなかったが、図書館に行かずに利用できる手軽さが注目されそうだ。国は読書バリアフリー法を背景に対面朗読の環境を整える方針だ。

 

続きは本紙で

 

 

福祉新聞の購読はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加