保育士に性犯罪歴なしの証明を検討へ 第5次男女共同参画基本計画

2021年0112 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

 政府は昨年12月25日、2021年度から5カ年の第5次男女共同参画基本計画を閣議決定した。保育所などで働こうとする人に対し、性犯罪歴がないことを示す「無犯罪証明書」を事業者に提出するよう求めることを検討する。幼児や児童生徒が保育施設や学校で性被害に遭う事件が相次いだことから、再発を防ぐための環境整備に乗り出す。

 

続きは本紙で

 

福祉新聞の購読はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加