孤立対策で緊急フォーラム 官民ネットワーク求める声

2021年0308 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

 政府は2月25日、孤独・孤立対策に関する緊急フォーラムを首相官邸で開催した。新型コロナウイルスの感染拡大による自殺者の増加を踏まえて開かれたもので、現場で支援する10団体や関係閣僚らが出席。支援団体からは「官民で連携したネットワークづくりが必要」などの声が上がった。

 

 政府は2月19日、内閣官房に孤独・孤立対策担当室を新たに設置。その際、フォーラムを開催して現場の意見を聞き、今年の経済財政運営の指針「骨太の方針」に対策を盛り込む考えを示していた。

 

続きは本誌で

 

福祉新聞の購読はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加