「なんでも相談室」でニーズ把握と支援提供 渋川広域障害協議会(群馬)

2021年0419 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
打ち合わせをする相談支援専門員の成島さん(左)と坂本千春さん

 障害者施設を運営する法人が協働で相談窓口を設置し、寄せられたニーズに対応したサービスを提供していくことで、障害者が安心して暮らせる地域になっていく。そんな仕組みを群馬県渋川市、吉岡町、榛東村(3市町村)と法人が協力してつくり上げている。

 

続きは本紙で

 

福祉新聞の購読はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加