ケアプラン、有料化に反対 介護支援専門員協会

2021年0519 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本介護支援専門員協会(柴口里則会長)は4月30日、ケアプラン作成(居宅介護支援)に利用者負担を導入することに反対する声明を出した。「居宅介護支援は利用者支援にとどまらず、家族や地域の高齢者を含めた総合的な支援の役割も担っており、他のサービスと役割や機能が違う」と訴えている。

 

続きは本紙で

 

福祉新聞の購読はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加