わいせつ教員に免許制限 厚労省は今後保育士も検討へ

2021年0611 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

 幼児、児童、生徒へのわいせつ行為で懲戒免職になった教員が再び免許を取得することの制限を柱とした新法が5月28日、参議院本会議で全会一致で可決され成立した。免許の再交付を都道府県教育委員会の判断で拒めるようにする。現行制度では、免許を失っても3年たてば再取得できる。そのため、再び被害者が出る例もあり、再取得の制限強化が検討課題となっていた。施行は公布日から1年以内。

 

 幼稚園、認定こども園、特別支援学校で働く教員も対象となる。衆参の文部科学委員会は、保育士についても同様の仕組みを設けるよう政府に求めた。厚生労働省は5月26日に発足した検討会で、この問題を議論する。

 

続きは本紙で

 

福祉新聞の購読はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加