トイレ訓練――子どもの成長を褒める

2021年0618 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大日本帝国海軍連合艦隊司令長官、山本五十六元帥の有名な言葉に以下のようなものがあります。「やってみせ 言って聞かせて させてみて誉めてやらねば 人は動かじ」

 

 まずは手本を見せ、次に口で説明をする。そして実際にやらせてみる。最後に褒めてあげることにより自ら行動するようになる、という意味です。この言葉は仕事上の部下の指導育成やリーダー論、教育などの場面で引用されることが多いのですが、トイレットトレーニングにも使えます。

 

 「やってみせ」の段階では、まず自分がうんちやおしっこをする時に一緒にトイレに連れて行ってみます。「言って聞かせて」の段階では、絵本などを使って、うんちやおしっこの事を子供と話してみます。

 

続きは本紙で

 

福祉新聞の購読はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加