保育園などの園庭、休日も開放を 外遊び推進の自民党議員らが要望

2021年0628 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
加藤長官(中央)に提言を渡すメンバー=同会提供

 自民党の国会議員や研究者らで構成する「子どもの健全な成長のための外あそび推進に関する勉強会」は6月18日、加藤勝信・官房長官に、子どもの外遊びを進める体制づくりなどを求める要望書を提出した。保育所がNPO法人などと連携し、園庭を地域に開放することなどを求めている。

 

 勉強会は2020年10月から前橋明・早稲田大教授や、元五輪陸上選手の為末大さんらとともに開催。自民党からは10人の国会議員が参加し、代表には井上信治・内閣府特命担当大臣が就いている。

 

続きは本紙で

 

福祉新聞の購読はこちら

 

    • このエントリーをはてなブックマークに追加