低所得者の子育て世帯への給付拡充を 支援団体が国会議員に要望

2021年0629 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
提言する小河代表理事

 子どもの貧困問題に取り組む団体は6月21日に院内集会を開き、新型コロナウイルス感染症対策として、子育て世帯への経済支援の拡充などを盛り込んだ共同提言を発表した。超党派で構成する子どもの貧困対策推進議員連盟(田村憲久会長)との共催。

 

 参加したのは8年前に子どもの貧困対策法の成立に取り組んだ公益財団法人あすのばや、NPO法人キッズドアなどを中心とした13団体。開会にあたり小河光治・あすのば代表理事は同法が成立した際のことを振り返り「コロナ禍で大変な状況に置かれている家庭がある。どういう対策が必要なのか前に進める時間にしたい」とあいさつ。

 

続きは本紙で

 

福祉新聞の購読はこちら

 

    • このエントリーをはてなブックマークに追加