熱中症――子供は弱者、十分な対策を

2021年0709 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

 娘が1歳半になった頃、7月の週末の午前、妻から買い物を頼まれたので、娘と一緒に海沿いのショッピングセンターに出かけた。買い物を終えて荷物を車に積んだ後に、歩いて10分くらいのビーチに娘と向かうことを思いついた。初めてのビーチに大喜びの娘は、30分ほど波打ち際で元気に遊んでいた。お昼ご飯の時間が近づいてきたため、娘を抱っこしてショッピングセンターの駐車場に向かって歩いていると、娘は急に元気がなくなり、突然、嘔吐した。赤く火照った娘の顔を見てすぐに気づいた。熱中症だ!

 

 近くにあった自動販売機でスポーツドリンクを購入して、娘の体を冷やしながら少しずつスポーツドリンクを飲ませ、急いで車に戻り、エアコンを全開にした。すぐに娘は元気になり事なきを得たが、帰宅後に妻から娘を熱中症にさせたことと、初めてのビーチに妻を連れて行かなかったことについてひどく叱られた。

 

続きは本紙で
 

福祉新聞の購読はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加