「保育所を地域の福祉拠点に」の声 こども庁に向けたヒアリング

2021年1025 福祉新聞編集部
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
ヒアリングが行われた有識者会議

 政府は10月18日、こども政策の推進に係る有識者会議(座長=清家篤・全国社会福祉協議会長)を開催した。児童虐待などに取り組む有識者からヒアリングを行い、「保育所を地域の福祉の拠点に位置付けるべき」などの意見が出た。

 

 同会議は、複数の省庁にまたがる子ども政策を一元化する「こども庁」設置を見据え、政策の方向性や基本理念について議論するもので、内閣官房長官が9月16日に設置した。年内に基本方針の取りまとめを目指しており、初回の会合では(1)児童虐待(2)子どもの貧困(3)障害のある子どもへの支援体制の構築(4)教育と福祉の連携――など複数の論点が提示されている。

 

 同会議は原則非公開で行われ、冒頭のみ公開された。開会にあたり、野田聖子・内閣府特命担当大臣(こども政策)は、虐待を受けたり自殺したりする子どもがいる事実に大人が目を向けて答えを出すことが大事だと強調。「次の歴史をつくる人をしっかり支えることが私たち大人の義務。しっかり取り組んでいきたい」と述べた。

 

 会合後のブリーフィングで事務局は、今回の会合で6人の有識者からヒアリングしたことを明らかにした。

 

続きは本紙で

 

福祉新聞の購読はこちら

 

    • このエントリーをはてなブックマークに追加